【ヒロアカ】轟の家族構成!燈矢・冬美・夏雄などを紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヒロアカで現No.1ヒーローのエンデヴァー!!
そのエンデヴァーの苗字は轟。

轟家は六人家族で、家族の中には、雄英高校でデクと同じクラスの焦凍もいます。

今回はその轟家の家族構成を紹介します。

Sponsored Links

轟の家族構成!

轟炎司 = エンデヴァー

轟家の父親。
燃焼ヒーローのエンデヴァー。

長年オールマイトに次ぐNo.2ヒーローだったことから、オールマイトに並々ならぬライバル意識を燃やしていた。
決して抜くことができない現実から個性婚でオールマイトを抜くヒーローを育てることを焦凍に強要。

そのため家族を長年ないがしろにしてきた過去から家族に忌み嫌われている。


仮免講習でオールマイトと再会。
オールマイトと話した後、考えを改め、焦凍が胸を張って誇れる偉大なNo.1ヒーローになるのを目指すようになる。

現在も家族とギクシャクした関係は続いているが、徐々に関係は変わりつつある。

轟冷

エンデヴァーの母親で、焦凍の母親。
個性は氷を操る能力を持つ。

氷の個性に目を付けたエンデヴァーと結婚。
自身の個性にしか興味を示さなかったエンデヴァーに疲れて、精神を病んでいく。
そして焦凍の顔にやけどを負わせた。

その後は長い間入院していたが、焦凍とは再会を果たして和解。
エンデヴァーとは今だに会えないでいるが、エンデヴァーがお見舞いに来たりとその関係は良くなりつつある。

轟燈矢

エンデヴァーの息子で長男。
現在は故人。

Sponsored Links

個性は炎でエンデヴァー以上の火力を持っていたが、母親の体質に似てしまったため、他の兄弟同様に失敗作とされた。

轟冬美

轟家の長女で焦凍の姉。
小学校の教諭。

エンデヴァーの望む個性ではなかったことから、幼少期から失敗作扱いされていた。

弟の焦凍を助けられなかったことがきっかけとなり、教師を目指した。
現在は轟家の母親代わりとして、家事など全般をこなしている。

轟夏雄

轟家の次男で焦凍の兄。
大学生。

エンデヴァーの望む個性ではなかったことから、幼少期から失敗作扱いされていた。

エンデヴァーが家族にしてきたことを今でも許すことができず、苦しんでいる。
轟家の中ではエンデヴァーとの確執が最も強い。

轟焦凍 = ショート

エンデヴァーの息子で三男。
デクと同じ雄英高校1-Aの生徒。

エンデヴァー曰く、兄弟の中で最高傑作!
父親には虐待に近い鍛錬を強要され、精神を病むことになったきっかけを作ったエンデヴァーに憎悪していた。

今でも父親のエンデヴァーとの遺恨は残っているものの、ヒーローの世界でのNo.2のエンデヴァーの実力を徐々に認めるようになっていく。


さいごに

轟家は六人家族。

轟炎司
轟冷
轟燈矢
轟冬美
轟夏雄
轟焦凍

エンデヴァーの過去の言動から家族から憎悪の目を向けられているエンデヴァー。
ただ現在はエンデヴァーも家族と向き合い、徐々に家族の態度は軟化している。

すでに故人の轟燈矢以外は全員登場している。

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© anime topic , 2020 All Rights Reserved.