【ヒロアカ】死柄木弔(志村転狐)の過去とは?父親との関係を紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヒロアカでオール・フォー・ワンがいなくなった後、現在敵(ヴィラン)のリーダー的な存在になっている死柄木弔。
死柄木弔は過去はヒーローに憧れるごく普通の子供でした。

過去の出来事がきっかけとなり、現在の死柄木弔となりました。

死柄木弔にはどんな過去があったのでしょうか?

今回は死柄木弔の過去についてみていきましょう!

Sponsored Links

死柄木弔の過去

死柄木弔の家族

死柄木弔の過去が描かれたのは僕のヒーローアカデミアのNo.234~236。
異能解放軍と激しい戦いを繰り広げる敵(ヴィラン)連合。

異能解放軍のリ・デストロとの戦って、追い込まれていく中で、死柄木弔の個性が覚醒する。
そして過去の記憶を思い出していく。


死柄木弔の本名は志村転狐。
家族構成は父親・母親・姉・祖父・祖母と死柄木弔の六人で暮らしていた。

父親の名前は志村狐太朗。
実業家で若くして財をなし、二世帯住宅を建てて、そこに母方の両親と一緒に暮らしていました。


元々死柄木弔はヒーローに憧れる普通の子供。
仲間外れの友達を誘って、ヒーローごっこをしたりと心優しい子だったようですね。

その志村家では一つルールがありました。

それは・・・

家ではヒーローの話をしてはならない。

志村狐太朗がヒーローの話を禁止していた理由

志村狐太朗は家でヒーローの話をすることを厳禁していました。

なぜヒーローの話をしてはいけないのか?

5歳の志村転狐はまだ個性は発現していませんでした。
無個性でヒーローを目指す・・・

それがどんなにつらいことか。
転狐のためにヒーローの話をすることを厳禁にしていました。

しかしこれはあくまで表向きの理由でヒーローの話をしてはいけない理由は別にありました。

志村狐太朗の母親は志村菜奈だった!?

ある日転狐の姉は父親の書斎に勝手に入り、転狐にある写真を見せます。
その写真はまだ幼い虎太郎と母親の写真。

転狐は自身の祖母がヒーローであったことを知ります。


その祖母の正体は・・・

ワン・フォー・オールの七代目継承者である志村菜奈!!

姉の華は転狐を応援していると励ます。

死柄木弔はNo.277でグラントリノから志村の名前を聞いても「誰だよ」と返していたので、自身が志村菜奈の孫で、その志村菜奈が七代目ワン・フォー・オールを継承していたことを知らないようですね。


書斎に入って、写真を見たことに狐太朗は激怒。

あれは子供を捨てた鬼畜!
ヒーローは他人を助けて、家族を傷つける存在!

と言って転狐を殴ります。
転狐に暴力を奮う父親の姿を家族は見ていましたが、誰も助けてはくれませんでした。


その後書斎で母親の手紙を読む狐太朗。

手紙には

突然のお別れになってしまったこと
狐太朗に危害が及ばない様に家を出ていったこと
狐太朗が大好きなこと
など

Sponsored Links

が書かれてありました。

いっそ嫌ってくれたらよかったよ
こんなハズじゃなかったんだけどな・・・



とつぶやく。
母親や祖父母も転狐を殴ることに限界を感じ、狐太朗に伝えました。

家の庭では転狐が犬を抱きしめて泣いていました。

転狐の個性が発現!

転狐は犬を抱きしめて泣いていましたが、突如犬が血を流しながら、息絶える。
そこに姉の華が転狐の元に嘘をついたことを謝りにやって来ます。

華に助けを求める転狐でしたが、その光景を見た華はパニックに陥り、その場を離れようとする。
転狐は華に声をかけようとするが、なぜか声が出ない。

そして手を伸ばし華に触れたその瞬間・・・華は崩れてしまった。


転狐の手が地面に触れる。
すると地面が崩壊していった。

そこに母親と祖父母がやって来る。


母親は崩れていく体の中、必死に転狐の元にたどり着こうするが、転狐の目の前で崩れてしまった。
祖父母も転狐の個性で崩れてしまう。

大きな音で外に出てきた狐太朗だったが、その光景に恐怖する。
転狐は父親に助けを求め、謝るが、狐太朗は武器を手に取り、転狐を殴る。

父親に対して、殺意を覚える転狐。
転狐は殺意を持って、父親に触れた。

崩壊していく狐太朗。

しかし転狐はこれまでにない快感を覚えた。
そして痒みはなくなっていた。

オールフォーワンと転狐の出会い

家族を全員個性で崩壊させてしまった転狐。
家を出た転狐に声をかけたのは、ヒーロー・・・ではなく、オール・フォー・ワンでした。

ここで市民が声をかけるか、ヒーローを呼ぶか、ヒーローが保護すれば、死柄木弔の未来は今と変わったものになっていたかもしれません。

ちなみに転狐はこの過去の記憶をリ・デストロと戦うまで忘れていました。


オール・フォー・ワンに付いていった転狐。
痒みの原因は自分では抑えられないほどの破壊衝動が痒みとなって体に現れていた。

その転狐にオール・フォー・ワンは心のままに動くことを教える。


その後オール・フォー・ワンは転狐に二つの物を与えます。

死柄木弔が顔や体に付けている家族の手
自分と同じ苗字の死柄木と名前

そしてオール・フォー・ワンを「先生」と呼び、育てられていきます。


さいごに

死柄木弔の過去が描かれたのが、僕のヒーローアカデミアのNo.234~236。
家族との関係や個性の発現などがよくわかりました。

母親である志村菜奈に捨てられたという過去が払しょくできず、ヒーローになりたいだけだった転狐にツラくあたってきた狐太朗。
それが現在の死柄木弔を生んでしまいました。


そして何気にオール・フォー・ワンの苗字が明かされましたね。
その苗字は「死柄木」

個性:崩壊がパワーアップし、もはや手の付けられないほどの力を手に入れた死柄木弔。
死柄木弔にヒーローは勝てるのでしょうか?

今後どう展開していくのか楽しみですね。

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© anime topic , 2020 All Rights Reserved.