【ヒロアカ】荼毘の正体は轟燈矢?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヒロアカに登場する超常解放戦線の荼毘(だび)。
初登場はNo.68と敵(ヴィラン)連合の中でも古株の方に入ります。

荼毘は実は現在までに本名すら明かされていない正体不明の謎の人物。

その荼毘の正体は轟燈矢なのではないか?
と噂されています。

荼毘=轟燈矢の伏線もいくつかありますよね。

今回は荼毘の正体と轟燈矢の可能性についてみていきましょう!

Sponsored Links

轟燈矢とは?

轟燈矢はエンデヴァーの息子で長男。
個性は炎系でエンデヴァーを超える炎の火力を持っていました。
ただ母親の寒がりという体質に似てしまったため、エンデヴァーからは失敗作とみなされてしまいます。

現在は個人。




轟家では全員轟燈矢は亡くなっている。
と思っていますが、実は轟燈矢は生きているのでは?
と思わせる伏線がいくつかあります。

その伏線を上げていきたいと思います。


荼毘の正体は轟燈矢?

荼毘の本名は今だ不明

荼毘が初登場したのはNo.68。
ステインがきっかけとなり、トガヒミコと共に敵(ヴィラン)連合に入った。

現在
まで荼毘と名乗り、本名を明かしていない。

「出すべき時になったら出すさ」

と死柄木弔には伝えている。

轟焦凍の名前をフルネームで言う

雄英高校の林間合宿。
敵(ヴィラン)連合の襲撃を受けた雄英高校は先生・生徒一丸となって戦うが、爆豪が敵(ヴィラン)連合にさらわれてしまう。
そこで荼毘はなぜか轟焦凍の名前をフルネームで告げています。



Sponsored Links

荼毘の個性

荼毘の個性はエンデヴァーや轟焦凍と同じ炎熱系の個性。
エンデヴァーは轟焦凍に英才教育を施していたときに、兄の轟燈矢はエンデヴァー以上の火力を備えていたと言っています。



エンデヴァーと対峙した荼毘

脳無:ハイエンドと激闘を繰り広げたエンデヴァー。
辛くも脳無:ハイエンドに勝利した直後にエンデヴァーの前に荼毘が現れます。

エンデヴァーに攻撃を仕掛けようとする荼毘でしたが、そこにミルコが現れて、荼毘は撤退。
しかし撤退する間際にエンデヴァーに対して、本名の轟炎司と呼んで、立ち去ります。



荼毘の焼けただれた皮膚

敵(ヴィラン)連合と異能解放軍の戦いで対峙する荼毘と外典。
戦いの中で外典は荼毘は個性の熱を使うと自身の炎に焼かれるため、長く戦うことができないことを見破っています。

一つ思い出すのはエンデヴァーの息子の轟燈矢。
エンデヴァー以上の火力を持っていたが、体質が母親に似てしまったため、失敗作にされました。

それが荼毘なのでは?
とも思わせる伏線ですね。


さいごに

超常解放戦線の荼毘の正体は本当にエンデヴァーの息子である轟燈矢なのでしょうか?
エンデヴァーと轟焦凍は荼毘と顔を合わせて、名前を呼ばれています。

焦凍は兄の燈矢とほとんど絡んだことがないと思うので、会ってもわからないと思います。
ただエンデヴァーは実の息子。

もし荼毘の正体が燈矢だったら、会ったときにわからないのはひどいな。

荼毘の正体については、いずれヒロアカで大きく取り上げられると思われます。
いつになるか!?

楽しみですね。

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© anime topic , 2020 All Rights Reserved.