【ヒロアカ】雄英高校の1年A組の生徒の個性とヒーロー名まとめ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヒロアカの主人公デクが通う雄英高校1年A組の生徒は20名。
すでに生徒全員の個性やヒーロー名が明らかになっています。
※爆豪のヒーロー名以外

今回はそのヒロアカに登場する雄英高校1年A組の生徒全員の個性とヒーロー名を中心にまとめてみました。

Sponsored Links

雄英高校の1年A組の生徒の個性と名簿まとめ

出席番号1番:青山優雅(あおやまゆうが)

ヒーロー名:Can't stop twinkling(キラキラが止められないよ☆)
個性:ネビルレーザー

キザでナルシストなキャラクターでマイペースな一匹狼。
一時デクに奇行を繰り返すなど謎な人物。

観察眼は鋭く、デクの個性が体と合っていないことを指摘した。
実は青山も個性が体と合っておらず、幼少期からサポートアイテムを付けないとアクシデントに見舞われてしまうという悩みを抱えていた。
デクとはそれを機に話すようになり、仲良くなった。


■ 個性:ネビルレーザー

へそからレーザーを発射する。
威力は高く、空中で発射すれば、移動することも可能。
反面一秒以上発射するとお腹を壊してしまう。

出席番号2番:芦戸三奈(あしどみな)

ヒーロー名:Pinky
個性:酸

クラスでは明るく、ムードメーカー的な存在。
身体能力が高く、ダンスが得意。

切島とは同じ中学出身。
中学時代から勇気と正義感を持っており、目立っていた。

芦戸の存在は切島が雄英高校を受けるきっかけともなった。


■ 個性:酸

体から溶解液を出すことができる。
溶解液の溶解度・粘度などを調整して、噴出することが可能。
しかし強さすぎる酸のため、服が溶けてしまったり、自身の体を傷つけてしまったりする。

出席番号3番:蛙吹梅雨(あすいつゆ)

ヒーロー名:FROPPY
個性:蛙

クラスメートを「ちゃん付け」で呼び、特にお茶子と仲が良い。
家は大家族で家のことや兄弟の面倒などを見ている。

雄英高校では教師からの評価が高い優等生。
まだワン・フォー・オールを受け継いだ初期にデクにオールマイトの個性と似ていると指摘した優れた洞察力・観察眼も持ち合わせている。


■ 個性:蛙

蛙っぽいことができる。
水中で自在に移動が可能、20mまで伸びる舌、壁に手足を張り付けられるなど水難などでは無類の活躍をみせることができる。

出席番号4番:飯田天哉(いいだてんや)

ヒーロー名:インゲニウム
個性:エンジン

1-Aのクラス委員長で真面目な優等生。
クラスの中ではデクと仲がいい。
ヒーロー一家の次男として生まれ、兄インゲニウムのようなヒーローを目指している。

兄のインゲニウムがヒーロー殺し・ステインに再起不能にされたことをきっかけにステインへの復讐を決意。
保須市でインゲニウムを名乗り、ステインと対峙。
圧倒的な強さの前に一方的に追い詰められるも、デクと轟の助力もあり、最後はステインを倒すことに成功する。

自信の過ちを認め、現在はインゲニウムの名に恥じないようなヒーローを目指している。


■ 個性:エンジン

ふくらはぎにエンジンと思わせる器官が装備されている。
エンジンを噴出することで凄まじいスピードで移動することができる。

戦闘ではエンジンの加速を生かした蹴り技を得意とする。
燃料は100%オレンジジュース。

出席番号5番:麗日お茶子(うららかおちゃこ)

ヒーロー名:ウラビティ
個性:無重力(ゼログラビティ)

本作のヒロインで茶髪のボブが印象的な明るい女の子。

緑谷のヒーロー名「デク」の名付け親。
ひそかにデクに恋心を抱いている。

親は建設会社を営んでいるが、業績が芳しくないため、親の会社への就職を考えるが、「夢をかなえてくれた方が何倍もうれしい」と言ってもらったことでヒーローになることを決意する。
そのためお茶子がヒーローになる目的は人助けの他に親を助けるために稼ぐという目的もある。


■ 個性:無重力(ゼログラビティ)

指先に肉球があり、触れたものを無重力にすることができる。
浮かせられる制限は入学時は3tまでだった。
また自身を浮かせることもできる。
しかし許容範囲を超えると酔って、嘔吐してしまう。

出席番号6番:尾白猿夫(おじろましらお)

ヒーロー名:テイルマン
個性:尻尾

個性の大きな尻尾と空手着が特徴の男子。
自身に特徴がないこと自覚しており、クラスメートからも「普通」と思われていることを気にしている。

体育祭では騎馬戦で心操に個性で操られた状態で勝ったことで、本選を辞退するという生真面目な性格をしている。


■ 個性:尻尾

強靭な尻尾が生えており、尻尾を手足のごとく動かすことができる。
尾白自身の格闘術と尻尾を活かした近接戦闘を得意とする。

出席番号7番:上鳴電気(かみなりでんき)

ヒーロー名:チャージズマ
個性:帯電

お調子者でチャラ男なクラスのムードメーカー。
クラスでは八百万や耳郎と仲が良く、女好きという共通点で峰田と意気投合している。

個性を使用しすぎるとアホ化し、「ウェーイ」しか言葉を発しなくなる。


■ 個性:帯電

体に電気を纏い放出することができる。
電気は広範囲に放出することができるため、複数の敵に有効。
許容量を超える電気を放出するとアホになってしまう。

出席番号8番:切島鋭児郎(きりしまえいじろう)

ヒーロー名: 烈怒頼雄斗(レッドライオット)
個性:硬化

熱血漢で男気ある硬派な青年。
明るく誰とでも分け隔てなく接するため、爆豪とも対等な友人関係を築いている。

紅頼雄斗(クリムゾンライオット)に憧れを抱いている。

芦戸三奈とは同じ中学出身。
その芦戸との出来事は切島が雄英高校を目指すきっかけとなった。


■ 個性:硬化

体中のすべてを硬化させられるできる。
戦闘では打撃に加え、手足を鋭利に変化させ攻撃することも可能で攻撃・防御共に優れている。
近接戦闘を得意とする。

出席番号9番:口田甲司(こうだこうじ)

ヒーロー名:アニマ
個性:生き物ボイス

無口で口下手で引っ込み思案のため、声を発することがほとんどない。
個性を使った状態では生き物と会話でき、そのときは饒舌になる。

職場体験ではウォッシュの元で「円滑なコミュニケーション」を習得した。


■ 個性:生き物ボイス

動物や生き物を声を発することで操ることができる。
しかし人は操ることができない。

出席番号10番:砂藤力動(さとうりきどう)

ヒーロー名:シュガーマン
個性:シュガードープ

筋骨隆々の鍛えぬいた肉体とたらこ唇が特徴。
見た目に反してお菓子作りが得意。


■ 個性:シュガードープ

糖分10g摂取するごとに力が5倍になる。
個性を使いすぎると脳機能が低下してしまうため、短期決戦が得意。

出席番号11番:障子目蔵(しょうじめぞう)

ヒーロー名:テンタコル
個性:複製腕

Sponsored Links

マスクで口元を隠し、自身の腕からさらに左右2本の腕が伸びている体が特徴。
会話は個性の触手でする。

仲間のことを考えて、自身が身を挺して囮や仲間を逃がすために行動するなどの役を引き受けたりすることが多い。


■ 個性:複製腕

腕から伸びている二本の触手に体の部位を複製できる。
複製腕で複製された部位は本体より強ため、戦闘でもかなり強い。
欠損しても再生も可能。

また目・耳・口を複製しての諜報活動に優れおり、非常に使い勝手がいい個性。

出席番号12番:耳郎響香(じろうきょうか)

ヒーロー名:イヤホン=ジャック
個性:イヤホンジャック

三白眼でボブの髪型が特徴の女の子。
両親が音楽系の仕事をしており、ロックが大好き。

クラスの中では上鳴と馬が合い、一緒にいることが多い。


■ 個性:イヤホンジャック

長い耳たぶを挿すことで心音を衝撃波として放つが事ができる。
地面や壁に挿すと微細な音を探知することも可能。

出席番号13番:瀬呂範太(せろはんた)

ヒーロー名:セロファン
個性:テープ

細身で歯をむき出しにしている男子生徒。
クラス内では爆豪にも軽口をたたいたりと仲が良く、社交的。

体育祭では轟の氷結に敗北、期末試験ではミッドナイトの個性で眠りにつかされ補修を受ける羽目になるなど不運に見舞われることが多い。


■ 個性:セロファン

両肘がリールのようになっており、そこからテープを射出することできる。
テープの強度も高いため、敵の捕縛、機動力などに優れている。
反して直接戦闘は不向き。

出席番号14番:常闇踏陰(とこやみふみかげ)

ヒーロー名:ツクヨミ
個性:黒影(ダークシャドウ)

目つきが鋭く、黒い鳥のような姿をした男子生徒。
クールで古風な話し方をするのが、特徴。

1-Aの中で戦闘能力はトップクラスに高く、体育祭では爆豪、轟に次ぐ3位に入った。
遠距離攻撃と防御力も高いが、相性の悪い相手への対策が十分ではなく、オールマイトやリカバリーガールに指摘を受けていた。

インターンはNo.2のホークスに指名された。


■ 個性:黒影(ダークシャドウ)

黒い影のモンスターを出すことができる。
モンスターは知性があり、夜になれば無類の強さを発揮するが、光に弱く弱腰になる。
しかし夜はモンスターが狂暴化し、制御が難しくなってしまう。

出席番号15番:轟焦凍(とどろきしょうと)

ヒーロー名:ショート
個性:半冷半燃

現No.1のエンデヴァーの息子で雄英高校には推薦で入った。
クールな性格だが、若干天然。

クラス内では個性・学力など非常に優秀。
戦闘面においては学年で1、2を争うトップレベル。

過去のエンデヴァーとの確執が強かったが、体育祭でのデクとの一戦から家族やエンデヴァーとの関係などが変化していき、精神面で大きく成長した。


■ 個性:半冷半燃

右半身は氷・左半身は炎と二つの能力を操ることができる。
氷と炎の出力は圧倒的で氷でビルを凍らせ、強大な氷の柱を形成するなど絶大な威力を誇る。
氷・炎のどちらか一方を酷使すると身体能力が低下するが、もう片方の能力でカバーすることで防ぐことができる。

出席番号16番:葉隠透(はがくれとおる)

ヒーロー名:インビジブルガール
個性:透明化

常時発動型の個性のため、常に透明の女子生徒。
透明で姿は見えないが、よくしゃべり、活発で明るい。

表情は笑ったときなどは「ニコッ」などで表現されている。


■ 個性:透明化

常時発動型の個性で体を透明化することができる。
透明化できるのは体だけで、衣服などは透明にすることはできない。

諜報活動向きな個性。
戦闘でも役に立ちそうだが、あまり戦闘で活躍しているシーンはない。

出席番号17番:爆轟勝己(ばくごうかつき)

ヒーロー名:???
個性:爆破

デクとは幼馴染で「かっちゃん」と呼ばれている。
自尊心が強く、一番になること!勝つこと!にこだわる。

デクの秘密を知る数少ない人物の一人。

個性の強さに加え、抜群の戦闘センスの持ち主で学年でも1、2を争う。
当初はデクに対して、露骨に攻撃的にあたっていた。
その後デクと一対一で戦い、秘密を共有してからは以前より敵視することはなくなった?ように思う。


■ 個性:爆破

掌の汗腺からニトロのような物質を出して、爆発させることができる能力。
汗の量に比例して強くなるため、動けば動くほど強くなる。
逆に汗の出づらい冬場は能力を発揮しづらい。

出席番号18番:緑谷出久(みどりやいずく)

ヒーロー名:デク
個性:ワン・フォー・オール(OFA)・黒鞭

本作の主人公。
オールマイトに憧れるごく普通の子供だったが、ある日医者から無個性を告げられる。
しかしその後オールマイトから認められ、ワン・フォー・オールを受け継いだ。

ワン・フォー・オールの個性の制御がうまくいかず、当初は体をボロボロにしていたが、個性の制御の方法を模索していった結果、現在は出力30%まで制御できるようになっている。


■ 個性:ワン・フォー・オール / 黒鞭

●ワン・フォー・オール
爆発的なパワーを持つ強化型の個性。
またワン・フォー・オールは人に能力を譲渡することができる。

●黒鞭
ワン・フォー・オール歴代継承者の個性。
黒い鞭のようなもので、攻撃・捕縛・移動などを行うことができる。

出席番号19番:峰田実(みねたみのる)

ヒーロー名:GRAPE JUICE(グレープジュース)
個性:もぎもぎ

小柄でぶどうのような頭が特徴の男子生徒。

ヒーローを目指したのはモテたいから!
そのため常にスケベなことを考え、行動している。


■ 個性:もぎもぎ

頭のぶどうのような物体を取ってひっつけることができる。
この物体は粘着力があり、ちょっとやそっとでは取ることができない。
粘着力は体調に左右する。

出席番号20番:八百万百(やおよろずもも)

ヒーロー名:クリエティ
個性:創造

お金持ちのお嬢様。
雄英の推薦入学者の一人でクラス副委員長。

文武両道の才女で成績はいつもトップクラスの反面精神面にもろさがあり、体育祭で常闇に敗北した際には完全に自信を喪失していた。


■ 個性:創造

体からあらゆる無機物を作り出すことができる。
八百万百は膨大な知識量の持ち主の才女のため、作り出せるものは多岐に及ぶ。


さいごに

今回ヒロアカの雄英高校の1年A組の生徒の個性とヒーロー名をまとめてみました。
作中でどの生徒も一度は見せ場があるため、どの生徒がどういった個性を持っているかは明らかにされていますね。

1年A組の生徒はヴィランとの戦いをかなり経験してきているため、個性もかなり成長してきています。
今後どんな成長をみせるのか楽しみですね。

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© anime topic , 2020 All Rights Reserved.