【進撃の巨人】エレンの正体は黒幕だった?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

進撃の巨人の物語で真の黒幕が判明しました!
その正体は・・・エレンでした!
エレンは進撃の巨人の能力で、すでに4年前から未来を知っていました。

その未来に行きつくためにグリシャを誘導して、レイス家を始末させました。
結果として始祖の巨人と進撃の巨人の能力はエレンに渡り現在に至ります。

今回はエレンの正体はなぜ黒幕と言われているのか?
をまとめてみました!

Sponsored Links

エレンの正体は黒幕だった?

進撃の巨人第121話でエレンが物語の黒幕!
ということが判明しました!


エレンとジークはエルディア人安楽死計画のために協力関係にありました。
二人は座標の世界で再会を果たします。


しかしエレンはジークのエルディア人安楽死計画を否定。

これを聞いたジークは絶望しますが、すでにジークは

不戦の契りを無力化
始祖の力を入手

エルディア人安楽死計画に必要なものが揃っていました。


ここから二人はグリシャの記憶の過去に飛びます。
場面は礼拝堂。

始祖の巨人の力を持っていたフリーダ・レイスをグリシャが捕食するところですね。


グリシャは巨人化しようとメスを握るが・・・
医者として子供を手にかけることはできないとあきらめようとする

その光景を見ていたジークは自身の知っている過去と違うことにとまどう。


そのグリシャにエレンは・・・




その言葉を聞いたグリシャは意を決して、巨人化。
レイス家全員の息の根を止めてしまいます。


なぜエレンの言葉がグリシャに届いたのか?


これは進撃の巨人の能力が影響していると思われます。

進撃の巨人の能力は

未来の継承者の記憶を見ることができる

Sponsored Links

グリシャはエレンの記憶をみていたんですね。
そして自分の傍らにいる(実際はいない)エレンの言葉を聞いて、一度はためらった巨人になった。


エレンのこの行動は座標の世界でジークがエレンを連れて行かなければできなかったこと。
ジークは座標の世界にエレンを連れて来たことで、エルディア人安楽死計画が絶たれてしまいました。


基本的にこれまで主導権はジークにあると思っていたのですが、実はエレンが握っていた。
ということになりましたね。


すべては黒幕のエレンに仕向けられていた?

グリシャはエレンの記憶を見て、行動に移しました。
そして進撃の巨人の能力で未来で叶うのは


ジークではなく、エレンの願い


そして最後にグリシャはジークにエレンを止めるようお願いします。
ここでエレンはジークと共に座標の世界へと戻ります。


グリシャはエレンの未来の記憶で何かを見た!

そのエレンの願いを叶えるためにグリシャは

能力を使うことのできない始祖の巨人をレイス家から奪ってエレンに託しました


エレンは自身の目的をパラディ島の人々を守ることだと第122話で明かしています。

ただエレンやグリシャが見た未来は、もう少し先のようですね。


さいごに

進撃の巨人121話でエレンの正体は進撃の巨人の能力でグリシャやジークを操っていた黒幕!
ということが判明しました!

これまではジークの方が一枚上手だと思っていましたが、エレンには先の未来がすべて見えていたんですね。


礼拝堂でエレンがグリシャにレイス家を葬ることを誘導したとことであれば、その後に

10歳のエレンに巨人化の薬を打つ
始祖の巨人の能力を持つ自分を捕食させる

という行動も未来のエレンが仕向けたことになりますね。
すべてはエレンの誘導したこと。


エレンが進撃の巨人の能力で見た未来とはどんな未来だったのでしょうか?
これが今後の鍵になってくると思われます。

⇒進撃の巨人 記事まとめ

Sponsored Links

進撃の巨人最新刊32巻が今すぐに無料で見れる!!

進撃の巨人のコミックは現在32巻まで発売されています。

その進撃の巨人の最新刊32巻はU-NEXTという動画サービスに登録すれば無料で見ることができます!!


電子書籍ではお試しに数ページ見ることができますが・・・

物足りなくないですか?

U-NEXTは登録と同時にポイントが600ポイントもらえます。
その600ポイントを使えば

進撃の巨人の最新刊の32巻を丸々1冊電子書籍で無料で見れちゃいます!


もちろんU-NEXTではアニメなどの動画もたくさんみることができます。

進撃の巨人のアニメSeason 1・2・3も見ることができますよー♪
ぜひ31日間無料トライアル中を有効活用してみてくださいね♪

⇒U-NEXTはこちら

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© anime topic , 2019 All Rights Reserved.